二つの種類を理解しておこう

展示場

展示会を開催するためには、知識としてその種類を理解しておくことが必要になります。種類といっても、大きく分けて2種類しかありません。2種類だけならば簡単に覚えることができるはずです。一つ目は、合同で行われるものです。これは、自分の会社以外にもほかの会社と同時に行うもので、比較的大きな会場を借りて行います。自分たちで主催するわけではありませんので、申込時期などがあらかじめ決められており、その時期に間に合うように申し込みをすれば問題ありません。ブースも決められていますが、早い者勝ちの場合もあれば高いお金を払った方が有利なポジションをとれる場合も考えられます。このメリットは、ほかの会社の商品を見に来たお客さんを取り込むことができる点です。必ずしもうまくいくとは限りませんが、何割かは自分の会社の商品を見てくれて購入を決心するか興味を持ってくれる可能性があります。もう一つは、自分たちが主催する場合です。この場合は、単独の会社で行うことが多く自分たちの会社だけで小さな会場を借りて商品やサービスを展示していく仕組みです。この会社の仕方は、自分のところにどれだけのお客さんがいるかを知ることが可能になります。

基本的なルールを学ぼう

展示場

展示会を改善する場合には、基本的なルールを学んでおく必要があります。まず、合同展示会の場合は、最初にコンプライアンスがありますのでそれに従うことが大前提になります。その中で、ほかのブースに迷惑をかけないようにしなければなりません。例えば、少しでも気をひいてもらうために人間の五感を用いて集客する方法があります。その中の一つが、音を出すか声を出す方法です。お客さんに気付いてほしいように大きな声を出したり音楽をかけたりすることがありますが、これがほかのブースに迷惑をかけてしまうことになりかねません。そのため、集客することも重要ですかほかのブースの会社のことを考えて行動しましょう。次に、自分たちが主催して行う場合や単独で行う場合です。この時には、どのタイミングで告知するかが重要になります。告知するタイミングが早すぎると、後で日時などが変更になった場合告知をした相手に訂正をしなければならないため、フライングのように告知をするのは避けるべきです。ある程度機が熟してから告知をした方が訂正などをする可能性が低くなるため負担が減るでしょう。結果的に、効率よく作業ができるだけでなく、場所を貸してくれる会社にも迷惑をかけずに済みます。

広告募集中